琵琶から一水会から色々

右翼といえば、一水会とかいう組織があるようですね。
自分は薩摩琵琶が好きで、それと同じ名前で一水会で検索したら出てきました。
一体どんな関係があるのでしょうか。名前の由来なんかあるとも思えませんが何か理由があるのでしょうか。
薩摩琵琶そのものは、とても芸術としては良いですよね。話は変わりますけど。
自分も、ほぼ歌わないで、インストルメンタルな曲をやりたいと、つくづく思っています。
津軽は、ほとんど歌う事がありませんよね。
実際、某小山会は唄とか入るようですし、津軽も民謡も、実のところ、歌えた方が、後々得ではあります。
琵琶は詩吟ですね。
お経っぽい感じで、まあ動画で見れば分かると思います。
講談とか、弁士とか、ああいう語りも入っていますし、自分もそっちの方が、好きなんですよ。基本的に、歌が下手だと、詩吟の方が楽です。
琵琶は、ネットで買うより、やっぱりそれこそ、先生の紹介で、20万以下のものが買えるようです。
なんで、日本のミュージックに走るかというと、バンドやギターでは、成功出来ないと思ってしまう人が、組織が出来上がっていて、それで、色々と名を売れるという理由でやるのだと思います。早く楽器欲しいですね。