三味線の発言に衝撃を受ける

普段ギターを弾いている側から見ると、津軽三味線って、かなり簡単な感じがするのですよね。
少なくとも、三味線って、ギターの理論に比べたら、かなり簡単に出来ていると思います。
所で、今日、邦楽器屋に連絡しました。亀屋というところなのですが、あれってサイトは凄く若々しく出来ているのに、本当に昔風のじいさんばあさんがやっているという事では、大して変わらないのですね。
民謡と津軽の両方の練習用と話してみたのですが、結局頓挫しました。
理由として、先生の紹介か、クレジットではないと、分割は無理との事だったのです。
困ってしまい、金を貯めて買おうと思いましたが、最後の職人さんの生涯の趣味という発言に、衝撃を受けました。
自分はやっぱり、三味線って、かなり成功する分野だと思うんです。
教室を開くのもいいですが、地域の行事に参加したり、大道芸に参加したり、本部の合奏会に出るなど、かなり良いと思うのですよね。
その一方で、某専門学校で、講師としてのスキルを身につければ、ちゃんと生徒さんを持てるという事です。
でも、それなら書道の方がある意味で、生活にも困りませんし、良いなとは思いましたね。